【赤牌ポッチ化計画】 麻雀の色覚バリアフリー化で、麻雀人口は増える

色覚障害者320万人は、【1】赤ドラ牌と黒牌を区別できない 【2】麻雀卓の積み棒ランプが見えない 【3】どの親ランプが光ってるのか見えない 【4】点数表示が見づらい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Title : スポンサー広告 Tag :

バンダイナムコオンライン提供「麻雀ロワイヤル」へ、色覚バリアフリー化のお願い

「麻雀ロワイヤル」ゲーム開始ページへ

「麻雀ロワイヤル」 (バンダイナムコオンライン提供)
◆ゲーム画面(点数表示部分)
麻雀ロワイヤル(点数表示部分)

◆バンダイナムコオンラインへの問い合わせページ
http://yahoo-mbga.jp/game/12003436/detail?fourth

問い合わせメール本文:(2014年9月10日)
私は色覚障害です。健常者と比べ、赤色が暗く沈んだ色に見えます。そのため、
【1】赤ドラ牌と通常牌を「色」だけで区別できません
例えば赤ドラ牌にのみ印(ポッチ)を付けるなどの方法で、「色以外の手段」でも識別できるようにして頂けませんか?

【2】点数表示が見づらいです。
「黒背景に赤」だと文字が読み取れないので、「白背景に赤」や「黒背景に白」などに、配色を変更して頂けませんか?

参考URL(麻雀卓カラーユニバーサルデザイン採用のお願い)
http://akahaiblind.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

参考URL(対応が遅れる「麻雀の赤色」問題)
http://www.excite.co.jp/News/reviewgadget/20140908/E1410137727360.html

色覚バリアフリーマーク  CUDマーク発行


麻雀王国「赤ドラ牌に印(ポッチ)あり特集」のページヘ

akahaiblind

Author:とんかつ@色弱系雀士

Twitter色盲&麻雀つぶやき集↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。