【赤牌ポッチ化計画】 麻雀の色覚バリアフリー化で、麻雀人口は増える

色覚障害者320万人は、【1】赤ドラ牌と黒牌を区別できない 【2】麻雀卓の積み棒ランプが見えない 【3】どの親ランプが光ってるのか見えない 【4】点数表示が見づらい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Title : スポンサー広告 Tag :

大洋技研(株)などの麻雀卓製造メーカーへ、カラーユニバーサルデザイン採用のお願い

現在多くの雀荘が、大洋技研(株)が製造する自動配牌卓「アルティマ」を使っています。しかしながらアルティマは、色覚障害者にとっては厳しい雀卓です。

【1】親ランプは、どこが光っているのか分かりません。

【2】積み棒ランプは、ランプがどこにあるかさえ分かりません。ほぼ全く見えません。

【3】点数表示も、健常者のようにハッキリとは見えていません。
点数表示(健常者の見え方)
この点数表示部分が、色覚障害者には、このように見えています。
点数表示(色盲の見え方)
多くの色覚障害者にとって、黒背景に赤い色は見づらい組合せです。
色覚障害者にとって赤い色は、暗く黒っぽい色に見えるため、黒と赤の区別が難しいからです。積み棒ランプや点数表示は、「黒背景に赤色」ではなく、例えば「黒背景の白色」にして頂けないでしょうか。色覚障害の中で最も症状が重いのが「全色盲」です。
「黒背景に白色」なら、全色盲でも、問題なく見ることが出来ます。


例えば、株式会社ディエィアィ(DAI)が製造する麻雀卓 EagerMJ のような配色であれば、色覚障害者でも何の問題もなく、健常者と同じように点数表示を読み取ることが出来ます。
display_Eager.jpg
麻雀卓 EagerMJ なら、色覚障害者でも困ることなく健常者と同じように麻雀を楽しむことができます。麻雀卓の購入を新たに検討されている雀荘経営者の方には、色覚障害の顧客を得られるようEagerMJ の導入をお願い申し上げます。


色覚障害者が麻雀をする上での最大の困難は、赤ドラ牌の識別です。全自動卓には雀卓ごとに専用の牌があります。雀卓の専用牌の赤ドラには、印(ポッチ)が付いた牌を標準のセットにして頂けないでしょうか。

ポッチ無し  ポッチ付"

色覚バリアフリーマーク  CUDマーク発行


麻雀王国「赤ドラ牌に印(ポッチ)あり特集」のページヘ

akahaiblind

Author:とんかつ@色弱系雀士

Twitter色盲&麻雀つぶやき集↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。