【赤牌ポッチ化計画】 麻雀の色覚バリアフリー化で、麻雀人口は増える

色覚障害者320万人は、【1】赤ドラ牌と黒牌を区別できない 【2】麻雀卓の積み棒ランプが見えない 【3】どの親ランプが光ってるのか見えない 【4】点数表示が見づらい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Title : スポンサー広告 Tag :

麻雀ポータルサイト「雀サクッ」と「雀荘パラダイス」へ、「赤ドラ牌に印(ポッチ)がある店」の検索方法追加のお願い

雀荘を探すとき、インターネットを利用する人は多いと思います。その際、皆さまはどのような条件で探すでしょうか。健常者であれば、雀荘を選ぶ基準は、「お店の場所」・「レート」・「ルール」・「ゲーム料金」・「禁煙かどうか」などでしょう。

ところが色覚障害者の場合は、「赤ドラ牌が見えるかどうか」=「赤ドラ牌に印(ポッチ)が付いているかどうか」雀荘を選ぶときの最優先の基準になります。赤ドラ牌と黒牌を識別できないと、麻雀は出来ないからです。

代表的な麻雀ポータルサイトである「麻雀王国」には、次のような特集ページがあります。

◆「麻雀王国」 赤ドラ牌に印(ポッチ)あり特集 http://mj-king.net/tokushuses/view/23
麻雀王国「赤ドラ牌に印(ポッチ)あり特集」のページヘ
これは色覚障害者にとっては、とてもありがたい特集です。


麻雀ポータルサイトとして「麻雀王国」の他にも、「雀サクッ」や「雀荘パラダイス」などのサイトがあります。

◆雀サクッ
http://jan39.com
「雀サクッ」のサイト運営者の方へのお願い
色覚障害者用に、「目的別雀荘検索」の機能に「赤牌ポッチ」のチェックボックスを追加して頂けないでしょうか。


◆雀荘パラダイス
http://www.janpara.net
「雀荘パラダイス」のサイト運営者の方へのお願い
色覚障害者用に、「条件絞り込み検索」の機能に「赤牌ポッチ」のチェックボックスを追加して頂けないでしょうか。


「赤牌が分かるかどうか」で雀荘の検索が出来るようになれば、色覚障害者にとっての雀荘の検索が容易になりますし、それによりサイト利用者が増える可能性もあります。サイト運営者の皆様、どうかご検討下さいますようお願い申し上げます。

色覚バリアフリーマーク  CUDマーク発行


麻雀王国「赤ドラ牌に印(ポッチ)あり特集」のページヘ

akahaiblind

Author:とんかつ@色弱系雀士

Twitter色盲&麻雀つぶやき集↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。